メニュー

前立腺肥大症

主な症状

  • 前立線は膀胱の出口部分に存在する男性にしかない臓器で、尿道を取り囲むようにして存在する臓器です。個人差はありますが、加齢と共に徐々に大きくなっていきます。

  • 加齢と共に、様々な症状が出現します。昼間頻尿、夜間頻尿、尿意切迫感、尿失禁、尿勢低下、尿線途絶、排尿遅延、尿閉など多岐にわたります。
  • 食生活の向上・欧米化により、現在では80歳までに日本人男性の80%が前立腺肥大症になるといわれています

診断

  • 自覚症状の評価を行います。
    7つの症状について、頻度ごとに点数がつけられており、症状の程度をスコアで表します。
  • 前立腺肥大の症状の有無を検査を行います。
    触診:肛門から指を入れて、前立腺を触って肥大しているかを調べます。
    超音波検査:腹部超音波検査を用い前立腺が肥大しているかを調べます。
  • 尿流量検査で前立腺肥大の症状をスコアにし、検査を行います。
 

治療

  • 軽症の場合
     経過観察を行います。    
  • 症状が重い場合
     提携病院を紹介し、手術を行います。
  • 薬の処方 
     α1ブロッカー、5α還元酵素阻害薬、抗男性ホルモン薬などを症状に応じて処方いたします。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME