メニュー

呼吸器系の病気

電子式診断用スパイロメータ

次のような症状がある方は受診してください

呼吸器系の病気息苦しい、咳がずっととまらない、痰がからむ、血痰が出た、ゼーゼーと息をするなど

①1-2週間程度続く咳

感冒症状が先行している、周囲に同症状人がいる、膿性の痰が出る

➡感染性咳嗽の疑い 対症療法や必要に応じて抗菌薬治療を行います。肺炎、肺結核、感染以外の肺病変を評価するために胸部レントゲン検査や採決、喀痰検査など行う場合もあります。

②3週間以上続く咳

症状の季節性、夜間から明け方に多い、アトピーの素因、受動喫煙や温度差で悪化➡咳喘息、アトピー咳嗽

感冒症状後の咳嗽悪化➡感冒後咳嗽

胸やけ、食後の悪化➡逆流性食道炎

後鼻漏や副鼻腔炎の既往➡副鼻腔気管支症候群

上記疾患以外➡肺結核や廃日結核性抗酸菌症、肺腫瘍などの可能性

呼吸器に関連した病気

*呼吸器感染症(かぜ症候群、急性気管支炎、細菌性肺炎、肺結核症、非結核性抗酸菌症、肺真菌症など)

*気道閉塞性疾患(慢性閉塞性肺疾患:COPD、びまん性汎細気管支炎、睡眠時無呼吸症候群など)

*アレルギー性肺疾患(気管支喘息、過敏性肺炎、好酸球性肺炎など)

*間質性肺疾患(特発性間質性肺炎、特発性気質化肺炎、膠原病肺,サルコイドーシスなど)

*腫瘍性肺疾患(肺がん、縦隔腫瘍など)

 

 

当院の治療方針

呼吸器の病気は、主に喉から肺にかけて起こります。呼吸に関する病気ですので、苦しくなったり、呼吸困難になったりします。単なる発熱であっても、肺炎に至るなど、最初は大したことがない症状でも、長引いたり、大事に至るケースもあります。

当院では、患者さんの症状にあわせて胸部単純レントゲン写真・簡易呼吸機能などの検査を行い、必要があれば胸部CT施行可能な施設もご紹介可能です。最適な治療が選択できるように丁寧な診療を心がけています。

電子式診断用肺機能検査:SP-370

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME