メニュー

性感染症の治療

性感染症とは、性行為によって感染する病気の総称です。「性病」とも呼ばれています。

性感染症は、初期の自覚症状がないことが多いので、感染に気付かないことが多くあります。性行為の際にコンドームを付けるなど、自身で防ぐことが出来ます。

性感染症には主に下記の病気があります。

  • 淋菌感染症(淋病)
  • 梅毒
  • 性器クラミジア感染症
  • 性器ヘルペスウイルス感染症
  • 尖圭コンジローマ
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HIV

検査

当院では淋菌、クラミジア感染症は尿PCR検査を、梅毒・肝炎・HIVなどは採血検査を行っております。

ブライダルチェックや無症状の場合は自費診療になります。

・自費診療(以下検査料金に初診料、再診料などがかかります)

 淋菌、クラミジア検査:6080円

 梅毒定性検査:2100円

 B型肝炎:2100円

 C型肝炎:2900円

 HIV検査:3300円

治療

疾患によって異なりますが、先ずは、検査によって病気を特定し、薬物による治療をおこないます。

性感染症は、恥ずかしいからということで、他の疾患に比べて、受診されにくい疾患ですが、感染中の性行為によって、知らず他者に広めてしまうこともあります。遠慮せずに当院にご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME